再来をブロック!専門業者に依頼して駆除|執拗な害悪とお別れ

業者に相談

ハクビシン

無理な場合はプロへ

農作物や家畜・ペットなどに対する被害や、住居の屋根裏などに侵入することによる騒音や糞尿の悪臭、寄生するダニ・ノミなどによる二次被害。その可愛らしい外見に反してハクビシンは様々な被害を齎します。ハクビシン駆除を行う場合、方法は主に捕獲や退治などになります。捕獲のための檻やワナ、ハクビシンを寄せ付けないための忌避剤などは比較的に簡単に手に入れる事ができます。しかし、家に侵入して巣を作っているハクビシンに子供がいたりすると忌避剤を使っても中々駆除できなかったりすることもあります。そういう場合には、ハクビシン駆除などの専門の業者に依頼することがおすすめです。やはりハクビシン駆除のプロなので確実に駆除することができますし、ハクビシンの侵入経路なども塞いでくれます。

駆除するときの注意

人に様々な被害をもたらすハクビシンですが、駆除する場合に注意しておかなければならないのは、アライグマと違って特定外来生物ではなく、鳥獣保護法の対象に入っているため勝手に駆除すると問題になってしまうということです。しかし、実際に被害が出ているのに何もしないというわけにはいきません。そのため、ハクビシン駆除を行う場合には、自治体に申請を出してみるのがおすすめです。地方自治体によっては、被害状況などにあわせて、申請を出す子によって駆除することが可能になる場合もあります。また、業者に依頼する場合は、ハクビシン駆除をしてくれる業者はもちろん鳥獣保護法に詳しいと思われますので、業者に相談してみるのもおすすめです。