再来をブロック!専門業者に依頼して駆除|執拗な害悪とお別れ

業者に相談

ハクビシン

可愛い見た目に反して人に様々な被害を齎すハクビシンを駆除するためのワナや忌避剤は比較的に簡単に手に入ります。しかし、ハクビシン駆除は勝手に行うと問題になるので注意しなければなりません。ハクビシン駆除の業者に頼むと、スムーズに行くと思われます。

Read More..

イタチから家を守る

屋根裏

イタチ駆除は、なかなか自力で行うことができないので、まずは一度、プロの業者に相談しましょう。駆除後もしっかりとした対策をとらなければ、同じことを繰り返す恐れもあります。忌避剤を使うなど、自分でできる対策を行ってください。

Read More..

糞害にお悩みの方へ

ハト

アフターフォローが大切

鳩は非常に執着心の強い動物で、一度巣を作った場所には、多少の困難があっても戻ってこようとします。止まりにくいように障害物を置いたり、鳩よけネットで囲んだりしても、対策が中途半端だと効果がありません。鳩を駆除するにはワイヤーを張る、忌避剤を散布するなどの方法もありますが、場所によっては対策が難しいこともあります。どうしても被害を減らせないときは、専門の駆除業者に依頼するという方法もあります。執念深い鳩を確実に駆除するには、いったん追い払った後も、再び近寄らせないようにすることが大切です。鳩の生態に詳しい駆除業者であれば、アフターフォローもしっかりしており、被害の再発を防止できるため人気があります。執拗な害悪とお別れできます。

法律や条例に注意

鳩の糞は建物の美観を損ねるだけでなく、害虫の発生源となったり、病原菌を撒き散らす危険もあります。鳩は巣に糞があっても平気で、むしろ糞の多い場所を好むと言われています。ですからベランダなどで糞を見つけたら、こまめに掃除することが大切です。日本には鳥獣保護法があって、生活被害をもたらす鳥でも、基本的に殺したり傷つけたりすることができません。殺さずに捕獲する場合でも、官公署への届出が必要になります。そのため駆除といっても、追い払うことが主体になります。しかし追い払うにしても、過度の威嚇は違法になる可能性があり、その方法には注意する必要があります。迷ったときは法律や条例に詳しい駆除業者に相談してみると良いでしょう。

対策をして家を守る

アライグマ

アライグマは非常に凶暴な動物です。駆除をする場合は専門業者へ依頼することが大切です。アライグマは農作物の被害、住宅の破損、糞尿など様々な被害を起こします。衛生環境も悪くなるので、被害があったらなるべく早く駆除することが大事です。

Read More..